ターニングポイントの店舗ブログ

おはようございます

 

 

ターニングポイント名古屋本店トレーナーの聖です!

 

 

昨日は「空腹をハックする」でした。

 

 

空腹をハックするとは、空腹感を感じさせるホルモンをコントロールするということです。

 

 

つまり、胃壁 の 細胞 で 生成されるグレリンを出さないようにし、脂肪細胞 から生成さ れているレプチンを出すことですね。

 

 

昨日も書いたように、小腸 は私達が食べ た もの に タンパク質を見つけるとレプチン に 満腹 感を発動させ、膵臓は腸内の脂肪を探知するとグレリンが 満腹感をオフに するのを妨げるホルモンを放出します。

 

 

つまり、肉や魚などのタンパク質を食べ、良質な脂質を取ることで空腹感はコントロール出来るということです。

 

 

では、今日のテーマである脂質についてです。

 

 

まず始めに脂肪に対する誤解を解いておかなくてはなりません。

 

 

1950年代に、アンセル・キーズという科学者が かなり説得力ある 研究をもって「 飽和脂肪酸は心臓病の原因になる」と主張したせいでローファットダイエットが流行り、脂肪を食べると太ると思われてきました。

 

 

もしかしたら、あなたも思っていませんか?(*^▽^*)

 

 

正しい種類の脂肪はヘルシーで、生命維持に不可欠です。

 

 

その栄養素は、すべて体内で使うために変換されます。

 

 

正しい脂肪はクリーンに燃焼し、栄養たっぷりで、 満足をもたらすエネルギー源で、体も脳も最大限に 機能させてくれます。

 

 

脂肪は健康な細胞壁の成分であり、受精能力、体温調節、刺激の緩和に必要なものです。

 

 

ビタミンA、E、D、Kは脂溶性で、これらを体に吸収するためにも脂肪が必要になります。

 

 

つまり、ヘルシーな脂肪は人体の重要成分であり、これこそ人間をつくっているものなんですねぇ。

 

 

では、そのヘルシーな脂肪、完全無欠な脂肪とはどんな物かを紹介します。

 

 

 

骨髄、牛脂や羊脂、ラードなどグラスフェッドの動物性脂肪は栄養価が高く、必須脂肪酸、タンパク質、ミネラル、抗 酸化物質、ほかでは得にくい脂溶性の栄養素を含んで います。

 

 

骨髄は特にオメガ3脂肪が豊富で、バラした骨を割って髄液を直接摂取すれば、ヒトの脳を大きくできるという研究者もいるそうです。(誰もそんなことしませんけどね(^◇^;))

 

 

グラスフェッドの動物性脂肪こそ、まさに地上最大の完全無欠な脂肪源 です!(`Д´*)9

 

 

グラスフェッドであるかぎり、ウシも植物性食品なんだと思ってもらって良いと思います。

 

 

なので、グラスフェッド獣から作ったバターは、脂溶性ビタミン、抗酸化物質、ヘルシーな脂肪、ビタミンA、E、D、Kをたっぷり含有していますが、 穀物飼育は、バターのすべての有益な化合物を一気に低減させ、新しい毒素を取り込んでオメガ6濃度を高めてしまいます。

 

 

だから牧草 飼料の割合が高い牛のバターを選ぶことが大切になります。

 

 

私が「完全無欠コーヒー」に入れているのがこのバターですね(ちょっとお高いですけど…)!(o・∀・)b゙

 

明日は、もう一つの脂肪、オイルについて書きたいと思います。

 

 

みなさん、今日もおめでたい一日を!(*^∇^*)ノ

.